腕を磨ける彫金教室で、未経験からプロになる!

開業準備編~工房作り~

独立開業の最初の手順は、自宅に工房を作ることから始まります。資金に余裕があったとしても、始めから大金を投入して外部に工房を作ったり会社を設立するのは無謀というもの。小さくても足下からしっかりした土台を築いてゆくのが、後々の成長の基盤となってくれます。

最初は自宅に工房を作ろう

自宅が一軒家で自分の(親の)ものならば、工房作りも家族との相談だけで自由にできますが、借家の場合は自宅を仕事場にすることが賃貸契約に違反してしまうことになる場合も少なくないので、事前に契約内容の確認と家主の了解が必要です。

またアパートなどの集合住宅では、隣室や上下階の住人に迷惑が掛からないようにしなければなりませんので、充分に考慮した計画を立てて「迷惑をかけない約束」を誓約書などにして用意した上で家主さんに相談して了解を得てください。

集合住宅に住んでいる場合に使用しない方が良い道具類としては、大型集塵機・バレル・高出力の超音波洗浄器などの機械音が大きいものが上げられます。

また、賃貸契約によっては重量物を運び入れてはいけないことになっている場合もありますので、ジュエリーデスクなども軽量のものを選ぶ必要があ有るかも知れません。

優秀な営業マン「通販サイト」

必要最低限の道具を揃えてアクセサリー制作ができる環境を整えたら、インターネットに通販サイトを作るのが得策です。

「アクセサリー通販なんて売れないだろう」と考えるのは早計。インターネット通販は管理さえしっかりしておけば、自分がそこにいなくても商品を宣伝・販売してくれる優秀な営業マンなのです。今の時代にインターネットを活用しないのは、とても損なことです。

通販サイトなんて作るだけの知識が無いし、売る商品だって出来てないんだから無理…と思う方も多いでしょう。独立したからには「無理」と言って諦めてしまってはいけません。

彫金教室の中には、独立のための支援として通販サイトを開く手伝いをしてくれたり、アクセサリー通販に使うことができる商品を卸値で仕入れられるサービスを提供してくれるところもあります。

地道な営業で少しずつ受注を増やす

アクセサリー通販のサイトを作っただけで安心してしまわずに、自力でも地道に営業活動を行いましょう。

工房に近い地域から順番に宝石店やセレクトショップ、アクセサリーショップをピックアップして、見本の商品を数点持って店に置いてもらえないか聞いて回ります。最低限「幾らで店に卸せるのか」という具体的な金額だけは出していくことが必要です。

店によっては、持って行った商品には興味を示さないけれども「こんなものは作れないかな」というように、欲しい商品を提案してくれることがあります。

顧客獲得のチャンスですから、「それはちょっと…」などと断らずに、素直に喜んで作らせてもらってください。自分の手に余ると思ったら、彫金教室のベテランクラフトマンに相談すれば良いのですから。その一歩一歩が成功への道になっていきます。

 
ページの先頭へ
東京の彫金教室ベスト7