腕を磨ける彫金教室で、未経験からプロになる!

宝飾・彫金用語集

ここでは、宝飾・彫金で用いる用語についてまとめてみました。

一般的な宝飾・彫金用語

  • ワックス
    …硬めのハードワックス、柔らかいソフトワックス、鋳造に使うインジェクションワックス、湯口用のスプルーワックス、薄いシートワックスなど用途によって使い分けるロウのこと。
  • 鉄床(かなとこ)
    …上部が平面や丸みを帯びた鉄の道具。宝飾用では通常は上部が平面で丸太などに固定されているものを使用します。線路を輪切りにしたようなレールアンビルも持ち運びで着るので便利です。
  • スリ板(すりいた)
    …作業机の前面にカスガイで固定して使う6cm巾くらいの板。彫金作業の多くはこの板の上に両手指を置いて行います。
  • バレル
    …容器の中にステンレス製の針や玉が入っていて、この中に鋳造した地金造形品を入れて一緒に回すことで、地金面が擦られて光沢が出てくる効果が有ります。以前はモーターで回転させましたが、最近は磁力を使ったものが主流です。
  • ゴム型
    …生のシリコンゴム(オイルゴム)の中に原型となる造形物を埋め込んで、これを焼いて固めたもの。メスで切り開いて原型を取り出した空間にワックスを流し込んでワックス型を得るのに使います。

彫金作業に関する用語・慣用語

  • 湯口
    …ワックスで造形したものを鋳造するときに、湯(溶けた地金のこと)が流れ込むようにワックス型に付ける棒状のワックスのこと。鋳造が終わったときにも地金面に取り付けられているこの棒を湯口と呼びます。
  • なめる
    …「角をなめる」のように使います。少し削って滑らかにすることと言い換えて良いでしょう。鋳造でも造形の細かい先端が鋳上がらなかったときに「なめられた」などと言うことが有ります。
  • だらす・だれる
    …主に磨き作業で形状が崩れることを言います。

工具類に関する用語・慣用語

  • 切り嘴(きりばし)
    …金切バサミのこと。
  • 丸棒(まるぼう)
    …「芯金(しんがね)」と呼ぶ職人もいます。テーパーが付いた鉄の棒で、指輪を通して内径を真円にするために使います。
  • 蟹コンパス
    …正式には「けがき」と言いますが、古い職人の中には「ぶんまわし」と呼ぶ人も見られます。地金に線や目印を付けるための道具で、片側がコンパスのようになっています。
 
ページの先頭へ
東京の彫金教室ベスト7