腕を磨ける彫金教室で、未経験からプロになる!

地金から手作りする方法

ワックスを使わずに地金から直接アクセサリーを作る方法について考えてみましょう。まず、地金による制作の全体をおおまかに説明してみます。

地金でアクセサリーを作るには

必要なのは地金とデザイン、そして工具類です。根性も必要かも知れません。

最初に「地金取り」を行います。地金からの制作では一気に完成形を削り出してゆくというのは稀ですから、必要となるパーツを作るための地金を、大きさ・厚さ・形を考慮しながら潰したり切り分けたりしながら確保します。

確保したパーツ用の地金を、ヤットコなどで成形します。ハンマーで叩くことも有りますし圧延ロールで更に薄くすることもあります。どのように作っても良いのが自由でもあり、難しくもあるところです。

成形した地金は、必要に応じてヤットコなどで固定しながら、ヤスリで目的の形状に削り出します。通常は形ができた段階で、ある程度磨いておくのが普通です。全部ができてしまった後では、磨けないところも出てくるからです。

出来上がったそれぞれのパーツを、ロウ付けでまとめます。

地金制作でのアクセサリーの研磨

ロウ付けによって形が出来上がったアクセサリーは、ペーパーやシリコンポイント、研磨材などを使って綺麗に磨きます。宝石などを留めるデザインの場合も、この段階で一通り磨いておいた方が、後の作業が楽に行えます。

地金の磨きは荒いものから徐々に細かく…サンドペーパーの傷をシリコンポイントで取って、シリコンポイントの傷をフェルトで取って…というように、段階を追って進みます。

地金からの手作り制作では、磨き作業中にロウ付け部分が窪んだように削れてしまうことがあるので、ロウ付け部分(ロウ目)の磨きには注意が必要です。

石留めの方法

アクセサリーに宝石を留める方法には、大きく分けて「爪留め」「覆輪」「彫り留め」があります。

他にも、石を並べて一緒に留めてしまう「レール留め」や地金面に埋め込むように留める「ドット留め」「埋め込み」「チョコ留め」など様々な方法がありますが、必要に応じて一つずつじっくり練習を重ねると良いでしょう。

どの石留めの場合も、石が割れる危険性は必ずあります。石を割らないように、石に負担をかけないように包み込むように留めるのが石留めのコツです。

 
ページの先頭へ
東京の彫金教室ベスト7