腕を磨ける彫金教室で、未経験からプロになる!

彫金教室の選び方

アクセサリーやジュエリーを制作する技術を習得しようとするとき、普通の彫金教室では充分な技術が身に付かないんじゃないかとか、授業料が高額でもジュエリー専門学校に通った方がいいのだろうかと迷うことも多いでしょう。

ジュエリー専門学校と彫金教室って、どう違うのでしょうか?

専門学校の方が高度な技術・知識が得られる?

事実上、東京でジュエリー専門学校と呼べるほどの規模で運営されているのは「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」と「日本宝飾クラフト学院」の2校だけです。他にも自称専門校は数多く見られますが、規模としては彫金教室に毛が生えたようなもので、彫金の道具さえ充分に備わっていないところもあるほどです。

ジュエリー専門校の特徴は、ジュエリーに関する知識を幅広く学習するところにあります。そのため全般的な知識を習得できるメリットが有る反面、彫金技術などの習得に掛ける時間が少なくなるので、クラフトマンとしては充分な力を付けることができません。

質の悪い彫金教室の特徴とは

それでは一人で独立開業して生活が成り立つような収入を得ようと思ったら、ジュエリー専門学校より彫金教室の方が良いということになるのでしょうか。実はそれも一概には「そうだ」と言えない事情があります。

彫金教室と名乗っているところでも、事実上は潰れそうな彫金工房が苦肉の策で始めたところや、人に教えるほどの技量が無いのに口先で誤魔化しているところが多い…そういうところの方が多いと言っても過言ではないくらいです。

そのような彫金教室は「教室が汚い」「講師の態度がぞんざい」「質問にちゃんと答えない」「工具が揃っていない」などの特徴があるので、気を付けてそういう彫金教室には引っ掛からないようにしてください。

彫金教室を選ぶ際の注意点

ただ楽しく作りたいだけなら、講師の技量に関わらず雰囲気の良い教室を選べばいいし、学校生活をエンジョイしたいなら、ジュエリー専門校でも良いでしょう。

しかし、しっかりした技術と知識を身に付けてプロの彫金師として独立したいなら、最低限次の点には注意して彫金教室を選んでください。

  • 受講時間がたっぷり取れること
  • 講師がプロとしての充分な経験を持っていること
  • 独立のための具体的なサポート体制が整っていること
 
ページの先頭へ
東京の彫金教室ベスト7